産後太りについて

足立区,八潮市,三郷市,骨盤矯正,整体,猫背

妊娠はさまざまな身体の変化がおこるものですが、その中のひとつに産後太りというものがあります。
妊娠中と比べて食事の量やカロリーに注意し、適度な運動もしているのに思うようにダイエットが成功しない、という方を手助けしていますのが足立区のファミリア整体院です。

 

産後太りの要因のひとつは、出産後すぐには身体のスイッチが切り替わらないという現象があります。妊娠中は赤ちゃんを守ることが何より優先された身体のシステムとなります。この身体システムにより、赤ちゃんの居るお腹周りなどに防護壁目的として脂肪がつきやすくなります。外的衝撃から赤ちゃんを守る大事なクッションの役割ですから無くては困るものなのです。ですが、出産が済めばこのクッションはもう必要ありませんので、身体システムとしてはスイッチを切っていいはずなのですが、ここで時間ロスがあり直ぐに切り替えができず、お腹周りなどに脂肪が蓄積しやすい体質が続いてしまいます。

 

骨盤のゆがみで代謝が落ちやすくなる

さらに、このつきやすい脂肪の代謝アップを妨げているのが骨盤のゆがみです。
妊娠中の女性の骨盤は、赤ちゃんの発育にしたがって開いていきます。妊娠中は常に身体の前面に2〜4kgの重量を支えている状態なため、お腹を突き出す姿勢をとってしまうことになります。これは、背骨の強いS字カーブを強いることとなり、この影響で背筋が強化されてしまい、この姿勢の癖が抜けずにいると、背筋と腹筋のバランスが崩れてしまいます。姿勢による筋肉バランスの崩れと骨盤の開きが影響して骨盤のゆがみの元となってしまいます。

 

そして骨盤のゆがみは身体の代謝アップを低下させてしまいます。代謝が落ちるということは、その分、脂肪の燃焼活動も低下してしまい、そのまま脂肪を蓄積してしまうということです。
脂肪の代謝アップには、骨盤のゆがみを矯正することがまず一番の近道です。骨盤をしっかり整えた後に運動をしていただくとより一層効果が臨めます。

 

足立区のファミリア整体院では、一般の痛みを治療する骨盤矯正の他に産後骨盤矯正のメニューを用意しています。

 

女性の身体には妊娠・出産を期に身体のバランスを整えなおす機能が備わっています。さらに出産から半年間は、その機能が最も強く働く期間なのです。
つまり、産後半年の間に骨盤矯正を受けて骨盤の開きやゆがみを矯正することが、産後太りを解消するのにとても有効な方法なのです。

 

足立区のファミリア整体院で骨盤矯正を受けることにより、姿勢と代謝を改善して、脂肪が付きにくい燃焼率のいい身体になりましょう!

 



スマートフォンからタッチしますとファミリア整体院へつながります